フィリピンとタイを中心にアジア各国の観光や夜遊び情報等のブログ

アジアの旅人〜旅行記〜

タイ パタヤ 観光 ナイトスポット

パタヤの通り(ソイ/soi)を一覧で紹介します。

投稿日:2018年12月22日 更新日:

パタヤの主要な通り(ソイ)を紹介

パタヤは大きくノースパタヤ(北部)、セントラルパタヤ(中央部)、サウスパタヤ(南部)のエリアに分けられ、3つのエリアをパタヤビーチロード(1Rd)、セカンドロード(2Rd)、サードロード(3Rd)の大きな道路が走っています。

またセントラルパタヤ間のセカンドロートとサードロードの間に有名なソイブッカオ(道路)があります。

パタヤの通り名(ソイ/soi)は北側(ノース)から南側(サウス)に1~順についています。

ノースパタヤ(北部)

北部エリアは中国系観光者が多いエリアになります。ホテルやレストランなど中国人向けが多く中国語表記が多いエリアになります。
GOGOバーはほとんどありませんが、バービアや中華レストランなどが多くあります。
ソイ6に置屋バーストリートがあり、ここは白人や日本人?も多い歩いてる通りです。

ドルフィンサークル(Dolphin Circle)

セカンドロードの終点とビーチロード(ソイ0)が交わる交差点になります。
ソウテウの周回路になっていて、この交差点で左のビーチロードに曲がりパタヤビーチロードへ繋がっていきます。

写真の噴水がドルフィンサークルです。

ドルフィンサークルの向いに大型ショッピングモールのターミナル21があります。

ソイ6(Soi6)

ソイ6は置屋バーになります。
普通に飲むだけも出来る?ますが、気に入ったお嬢と別部屋でムフフが特徴になります。

ソイ6のセカンドロード側からの入口です。

左右に置屋バーが並んでおり、お誘いの声や視線が掛かってきます。

左側はレディーボーイ(お釜)が多く、歩いていると腕を掴まれてお店に強制連行されていきます。( ´∀` )

この通りは昼からOPENしているお店も多いので、昼の時間に通う人も多いようです。

パタヤビーチロード側からの入口です。

セントラルパタヤ(中央)

色々な楽しみ方(お店)があるセントラルパタヤです。
パタヤ初心者はセントラルパタヤ界隈に滞在が便利です。

ソイ7(Soi7)

ソイ7とソイ8はバービア群が集まっている通りです。
イメージとしては、オープンなスナックという感じでしょうか。
気軽に立ち寄って、ゲームや会話を楽しむ事が出来ます。
お嬢のお持ち帰りも交渉可能です。

ソイ7とソイ8のバービアは昼からオープンしているお店も多く、白人がだらだらと飲んでいます。

ソイ7にはGOGOバーも数店舗あります。

バービアはお店毎に趣向を凝らし、スポーツ観戦やライブステージ、ポールダンスなど色々なバージョンがあります。
競争も激しいのでしょうね~

だらだら飲みが好きな方はバービアは最高です。

ソイ8(Soi8)

ソイ7がバービア件数は多いですが、ソイ8は大箱店化が進んでいます。

GOGOバーがオープン化してますね~

即席カップルも多く歩いています。

poolが楽しめるバーも多いです。
ゲームに負けたら1杯おごるスタイルですね!

ソイ11(別名:ソイハニー)

ソイ11はスペシャル系マッサージ店が立ち並ぶ通りで有名です。
またMP(マッサージパーラー)のハニー1もあります。

セカンドロードから入り口です。

車が1台通れる程の脇道(ソイ)です。
左右にホテルやマッサージ店(ほとんどがスペシャル系)が立ち並んでします。

この通りのホテルはコストパフォーマンスに優れたホテルが多いです。
深夜の徘徊でも治安は悪くはありません。
ソイ11でおすすめホテルは「H ブティック ホテル パタヤ (H Boutique Hotel Pattaya) agoda」になります。
日本人にも人気のホテルで3000円程度で宿泊できます。

セカンドロードからソイブッカオまで約1kmほどの通りです。

このコーヒーショップをよく利用しています。

ソイブッカオ側にマッサージ店は並んでいます。

夜のソイ11の様子

ソイブッカオ側から入るとすぐに、スペシャル系で有名なお店「UP TO YOU(アップ トゥ ユー)」があります。
お店の前に大勢のお嬢さんが並んでおり、手招きでおいでおいでされます。
お気に入りの子がいたら、あとは本能のままにどうぞ!( ´∀` )

ソイ11で有名な「HONEY1」が中間程の所にあります。
ソイ11は別名ソイハニーとも言われます。

日本式のソー〇ランドになります。
夕方になるとインド・アラビア系のお客さんがシャトルバスで大勢集まって来ます。

ソイブッカオ側から入るソイ11です。

反対側からのソイ11入口の写真です。

ソイ13(別名:ソイダイアナ)

GOGOバー密集エリア「LKメトロ」の入口のある通りです。
私はこの通りにあるLKメトロポール(LK METORO POLE)によく宿泊します。

ソイブッカオに交わる交差点の様子です。

ソイブッカオ側からの様子です。

屋台ハンバーガーショップなどが並んでいます。
とても美味しいです。

こちらがゴーゴーバー密集エリアのLKメトロ入口です。

LKメトロ(GOGOバー)

セカンドロードとサードロードの間(ソイブッカオ沿い)にあるGOGOバー密集エリアです。

ソイブッカオ側からの入口

ソイダイアナ側からの入口

ウィーキングストリートとLKメトロはGOGOバーの2大エリアです。
ベテランがLKメトロに通います。

日本人ターゲットのGOGOバーも多いです。

日本人経営のバーも数店舗あるようです。
競争も激しく入れ替わりも多いです。

通りはいつも賑わってますが、お店の入りは少ないように感じます。

バンコクのNanaにもある、知る人ぞ知るお店です。
怖いもの見たさでどうぞ!

ソイブッカオ(soi Buakhao)

バックパッカーや長期滞在者が集まる地区になります。
ビーチサイドに比べすべてがリーズナブルになります。

マッサージ店やバイクレンタル店など必要なもの何でもあります。

LKメトロ向いに出来たコンプレックスのバーです。
少し高いようです。

セブンイレブンやファミリーマートなどコンビニエンスストアも多くあります。

ソイブッカオとソイダイアナの交差点近くにサブウェイもあります。
しかし周りの屋台バーガーショップをお勧めします。

ソウテウの周回ルートで「ソイブッカオ~ウィーキングストリート~セントラル」があり、ルートと乗り方が分かれば便利です。
ソウテウは片道10バーツです。

LKメトロ側から北・南方面に行くとローカル色が強まっていきます。
長期滞在者向けのホテルが多くなっていきます。

ソイブッカオ界隈はレンタルバイク店が多くあります。
短期滞在の場合はソウテウやバイクタクシー利用がお勧めですが、
ベテラン組や市街を動く方はレンタルバイクが便利になります。

サウスパタヤ(南部)

サウスパタヤは白人や韓国人が多く夜遊び族はウォーキングストリートに近いホテル滞在が多いと思われます。

ウォーキングストリート

パタヤ最大のナイトスポットがウィーキングストリートです。
多くのGOGOバーやバービア、レストランなどが集結しています。

平日でもいつも賑わっています。

ネオンとオネーさんがWelcomしてくれます。

最近は中国人観光客が多くなっており、中国語表記が目立ちます。

人人人で歩くだけで満足してしまいます。

ソイ13/4(ボーイズタウン)

ゲイの聖地ボーイズストリートです。
男性同士が出合いを楽しむ場所でもありますが、
観光地化もされておりノーマルがゲイのショーなどを楽しむ事に問題はありません。
女性同士で見に来ている人も大勢います。

通りに入るとタンクトップのおにーさんの目線が待ち受けており、
ここから先は躊躇してしまいますが、怖いもの見たさで進んでください。

上半身裸のマッチョさんが目で呼び込みをしてきます。
おねーさんは笑顔で勝負ですが、ここはマッチョで勝負です!( ´∀` )

怖いもの見たさで1杯飲んでみたらどうですか?

ショーを行っているお店もありますので、是非入って観てください。
当サイトで苦情は責任は受け付け出来ません。。。。( ´∀` )

Asian Travellerの感想

私はパタヤには年数回訪れます。パタヤにはナイト、フード、マッサージなどすべてが揃っており体の癒し目的には最高の場所になります。
ナイト目的ではフィリピンのアンヘレスとよく比較されますが規模やクオリティでは圧勝です。私はローカル娘が好きなのでフィリピンに1票ですが!
今後も人気の場所であり続ける事は間違いないと思います。

パタヤ(Pattaya)の遊び方

タイ・パタヤ(Pattaya)の遊び方 パタヤは世界でも有数のビーチリゾートです。 もともとナイトスポットが有名でしたが ...

続きを見る

旅行ブログランキングに参加

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外のホテル・宿へ

-タイ, パタヤ, 観光, ナイトスポット
-,

Copyright© アジアの旅人〜旅行記〜 , 2019 All Rights Reserved.