インドネシア 観光

インドネシア銀行博物館(Bank Indonesia Museum)~インドネシア・ジャカルタ~

インドネシア銀行博物館 Bank Indonesia Museumとは?

インドネシア銀行博物館はインドネシア銀行によって2019年7月21日に開設された博物館です。
銀行の歴史だけでなく植民地時代の歴史や貿易、日本との関りまで知る事が出来ます。

Wiki :Museum Bank Indonesia

施設情報

名称:Bank Indonesia Museum(インドネシア銀行博物館)
住所:Jl. Pintu Besar Utara No.3 Jakarta Barat
営業時間:7:30~15:30(火-金)
8:00~16:00(土、日)
休館日:月曜、祝日
料金:無料
HP:http://www.bi.go.id/en/tentang-bi/museum/Default.aspx

博物館の写真

博物館の外観は白のコロニアル建築です。

博物館は貿易の歴史から始まります。
大航海時代前に香辛料などの貿易で栄え、金銭の貸し借りで成功を収めたようです。

マルコポーロなど大航海時代に名を遺した偉人が飾られています。

オランダ東インド会社が1746年にインドネシア初の銀行を設立しました。

日本による統治の歴史などが飾られています。
インドネシアは300年以上オランダによる植民地支配の後、日本の3年程の統治とその後の日本人とインドネシアによる独立戦争の歴史があります。
インドネシアでの日本の統治時代と独立戦争や独立後の日本人との関りは深く、インドネシアはとても親日な国です。

インドネシアと日本の歴史が多く展示されています。

様々な国の紙幣が流通していました。

インドネシア独立戦争の様子

 

中庭です。
インドネシアの中央銀行として威厳のある建物です。
各国中央銀行の歴史は国の歴史でもありますね!

食堂かな?
私はここでの食事は落ち着きません!

手形タイプライターかな?

金庫の中も見る事が出来ます。
当時はこのように金があったのでしょうか?

ルパンも狙ってたのかな~(笑)

分厚い金庫の扉です。
どのように設置するのか気になります!

地図(Google Map)

@旅助の感想

インドネシアの中央銀行であるインドネシア銀行博物館は歴史そのものです。意外に知られていない日本との関りが非常に強いインドネシアです。

ファタヒラ広場のオランダ統治時代の建物が残る旧市街を散策~インドネシア・ジャカルタ~

ファタヒラ広場 Fatahillah Square ファタヒラ広場はオランダ統治時代の建物が残る旧市街です。 ジャカルタ ...

続きを見る

旅行ブログランキングに参加

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外のホテル・宿へ

-インドネシア, 観光
-, ,

Copyright© アジアの旅人〜@旅助の旅ブログ〜 , 2020 All Rights Reserved.